専業主婦の方がお金を借りる方法

専業主婦がお金を借りる方法は配偶者へ相談を

総量規制にて、キャッシングでは年収の3分の1を超える融資を受けることはできないとしています。 つまり、年収が500万円の人なら約160万円が借り入れの限度ということです。 これは1社ではなく、利用しているすべてのキャッシング会社を合わせた合計ですので、年収が少ない人ほど借りられる額は少なくなり、無職の人は契約することすらできないということになるでしょう。 さて、ここで問題となるのが専業主婦です。 主婦がお金を借りる方法として人気のカードローンということだけあって、家計を預かる主婦でキャッシングを利用している人は少なくありません。 実際、総量規制が設けられる以前は女性では主婦の利用率が最も多く、借りたお金は生活費に充てられることが多くなっていました。 しかし専業主婦はお金を稼いでいるわけではないので、世間的には無職ということになります。 となると現在の法律では、キャッシングをすることができません。 しかし打開策は用意されています。 その打開策とは、配偶者貸付を利用することです。 配偶者貸付とは、配偶者の同意があれば配偶者の年収を信用に審査を受けることができるとした制度です。 つまり、夫の同意があれば専業主婦が契約をすることも可能となります。 また、パートに出ている主婦の方でも極端に少ない年収では契約が難しいので、配偶者貸付を利用して夫の年収と自分のパート収入を合わせて審査をしてもらうこともできます。 今まで夫に内緒でお金を借りていた主婦の方は少なくありませんでした。 しかし家計を共にする家族ですので、黙ってお金を借りることはいいことではありません。 夫婦の在り方を見直し、よく相談して検討しましょう。